カテゴリー:スポーツ

  1. manfredrichter / Pixabay

    悲しいニュースが入ってきました。 フィギュアスケート男子でソチ五輪銅メダリストのデニステン選手(カザフスタン)が、 2018年7月19日に強盗に襲われ、命を落としたそうです。 ニュースによれば、強盗は車のミラーを盗もうとしていたそ…

  2. SAM7682 / Pixabay

    2017年クイーンズ駅伝で優勝したユニバーサルエンターテイメントの選手が ドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したいたことがわかり、 その優勝が取り消され、またそのときの成績なども抹消されるとのことがわかりました。 そこで、中村…

  3. Gellinger / Pixabay

    サッカーのワールドカップ、日本は残念ながら敗退してしまいましたが、 その後も引き続き盛り上がっていますね。 クロアチアは、なんと20年振りの4強だそうですよ。 へぇ~~、20年前もそんなに強かったんだ~~と思った貴方。 仲間…

  4. stux / Pixabay

    ワールドカップで盛り上がりを見せている全世界ですが、ここで大活躍中のフランスのエムバペの呼び方について、大きな混乱が生じていますね。 私のようなサッカー素人が、にわか知識で実況等を見ていると、ワールドカップの中継内でどう呼ばれているか…

  5. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s

    白熱した争いが続いている箱根駅伝2018。往路は最終的に36秒まで1位の東洋大学を追い詰めて2位で入った青山学院大学。 3年連続6区を走った小野田選手が、念願の区間賞を獲得し、スタート時に36秒あった1位との差を逆転して、逆に東洋大学…

  6. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s

    箱根駅伝2018は、いいスタートを切った東洋大学が一位を一切譲ることなくゴールのテープを切りました。1年生が3人も占め、2年生1人、3年生1人と若いチームであること間違いなしですが、東洋大学の酒井監督曰く、「来年以降を考えて若いチームなので…

  7. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s

    箱根駅伝2018が始まりました。10キロ以上大きな集団での走行が続いたのですが、その後に飛び出した青山学院大学の鈴木塁人選手について出たのが、東洋大学の西山和弥選手、1年生。あっという間に他の集団を引き離しました。 Sponsored…

  8. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s

    現時点でわかっている区間変更 東海大学 関→三上 青山学院大学 橋詰→梶谷 東洋大学 中村駆→山本修二 関東学生連合 近藤秀一→矢澤健太 (近藤選手、三度目の正直かと思いきや、インフルエンザという話も聞こえてき…

  9. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s

    ニューイヤー駅伝2018、途中、Honda設楽悠太選手の追い上げに、一位の座を譲るかと思われつつ、何とか大六野選手が粘り、最後まで首位を譲りませんでした。 また市田宏、市田孝ツインズは、2年連続2人とも区間賞と取り、旭化成が優勝すると…

  10. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s

    序盤から厳しい戦いとなったコニカミノルタ。なかなか追い上げるのは難しいなぁという順位の中、6区の山本浩之選手が素晴らしい走りをして12位から9位へ順位を押し上げました。 そんな中、アンカーとして登場するのが、あの神野大地選手。コミニカ…

RETURN TOP