全日本大学駅伝2018青山学院大学メンバー変更発表!森田や橋詰は何区?

この記事は3分で読めます




2018年11月4日に全日本大学駅伝が開催されます。
出雲駅伝で圧勝した青山学院大学は、今年三冠を狙っていることもあり、
また十分に狙えるメンバーがずらりと揃っていることにより、
この全日本駅伝の「補欠」メンバーに早々たるメンツが
名を連ねていましたね。

とにかく当日どのようにオーダーが代わるのか、
この補欠メンバーの名前を見ただけで、ドキドキしていましたが、
いよいよ当日、メンバーが発表されましたので、
その変更区間を見ていくことにしましょう。

全日本大学駅伝2018青山学院大学変更メンバーは?

今朝発表された青山学院のエントリーは以下のとおりです。

1区 小野田勇次(4年)
2区 橋詰大慧(4年)
3区 鈴木塁人(3年)
4区 林奎介(4年)
5区 吉田祐也(3年)
6区 吉田圭太(2年)
7区 森田歩希(4年)
8区 梶谷瑠哉(4年)

おー、小野田くん、1区!!!!
これは、まったくの想定外。
出雲で最高にクレバーな走りを見せた
橋詰大慧くんが1区を走るのでは・・・と
密かに思っていましたが、
ここで小野田くんです!

小野田くんと言えば箱根の山下り。
スターターに持ってくるとは、まったく考えていませんでした。

先に発表されていたオーダーでは、1区は1年生の湯原慶吾でした。
ただ、1区で出遅れるとなかなか後半で取り返すのが辛いのが
これまで青学が優勝できなかったときのパターンだったので、
ここで小野田くんに変更になったことでしょう。

青学の原監督のことなので、もう数日前からこのオーダーに
変更になることは本人に伝えてあったと思うので、
小野田くんのスターターとしての適性も
しっかり見極めての判断だと思います。

小野田くんももう4年生であり、箱根では
怪我等がない限り、山下りで区間新記録に挑戦することは
間違いないと思うので、
スターターを務めるのは最初で最後なのではないでしょうか。
そういう意味でもとても楽しみですね。


2区は神林勇太くんから橋詰大慧くんへ

2区は神林勇太くんから橋詰大慧くんに変更になりました。

「橋詰くん2区かよー!」って感じですね。
10月の出雲駅伝は、非常にクレバーな走りでした。
どんな走りだったかというと・・・・、
ずっと一番後ろについて走っていたのです。

出雲駅伝の解説の中でも、
「青山学院の橋詰選手が注目」と言いつつ、
「最後尾についていますねー」「怖いですねー」「大丈夫ですかねー」
と色々、期待もありつつ、でも後半伸びないのでは・・・という心配もありつつ、
なんとも解説しづらいというところもあったと思います
(期待できますね、と言った選手も途中からずるずると後ろに下がってしまったので)。

一緒に走っている先頭グループも
「あれ?橋詰は?」なんて気になりながら走っていたのではないでしょうか。

それをどんどん先頭グループから落ちていく選手がいるなか、
後ろから淡々と状況を見極めて、ここぞというときにスーッと前に
出てきたのが橋詰くんでした。

もー、百戦錬磨の超ベテラン選手のような走りでしたね。
ちょうど1億円をゲットした(←言い方悪い)大迫傑選手も、
シカゴマラソンの際に先頭グループの後方につけていたと
話していました。

後方にいると、色々な選手の状態を見ることができて、
比較的走りやすいそうです。

とはいえ、高橋尚子さんに、
「あまり後ろすぎるとペースの変化が大きくなりすぎちゃうので、
もう少し前にいたほうが(グループの中間ぐらい)、体力のロスは
少ないと思うよ」とアドバイスされていました。

橋詰くんも出雲駅伝のときは、集団の一番後ろにいたので、
もう少し中盤だったら、もっと好記録だったのかもしれません
(いえ、区間賞とっているので十分ですし、
駅伝の場合、本当に集団なので、かなり走りにくいから
やっぱりいちばん後ろでよかったのかもww←素人なので意見がグラグラ)

とにかく、今回は小野田くんがどの位置で持ってきてくれるかまったく想像できないので、
今回橋詰くんがどんな走りを見せてくれるのか、本当に楽しみですね。


7区は岩見秀哉くんから森田歩希主将へ

まーね、森田歩希くんが外れるわけがないって感じですよww。
とはいえ、去年、下田くんが出雲で作った足のマメが治りきらず、
終盤タイムが上がらなかった・・・ということもあるので、
何が起こるかわかりません。

ただ、補欠メンバーを見たときに、やっぱり森田歩希くんは
外れるわけないよなーと一番に思ったわけです。

森田歩希くんは、原監督も太鼓判を押すほど、
安定した走り。
去年の箱根駅伝では、それまでずーっと一色選手が走っていた2区を任されたわけで、
プレッシャーもかなりあったと思うのですが、
何のこともなく、2区で区間賞をかっさらっていきました。

去年は、順大の鈴木健吾選手と一緒に2区を走っていたのですが、
その鈴木健吾選手を置いていったところは、本当に圧巻の走りでしたね。

全日本大学駅伝2018青山学院大学の結果は?

さてさて、いよいよ全日本大学駅伝2018のスタートの時間が迫ったきました。
1区で大きな差がつくことも多いので、朝から目が離せません。
結果はどうなったかまたレースが終わり次第、追記していきたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hbieser / Pixabay
  2. SAM7682 / Pixabay
  3. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s
  4. paulbr75 / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。