【テニス】インターハイ2018(東海総体)速報8月6日の結果

この記事は1分で読めます



女子シングルス4回戦

◯8照井妃奈(北海道・札幌啓成)9-8(1) ●9猪川結花(岡山・岡山学芸館)

◯19渡邉早和子(愛媛・新田)8-4 ●25草野京香(福岡・柳川)

◯33押川千夏(福井・仁愛女子)8-5 ●48酒井凜(広島・広陵)

●49湯浅里帆(群馬・前橋育英)6-8 ◯57荒武芽菜(宮崎・宮崎商)
◯65阿部宏美(愛知・愛知啓成)8-5 ●80齊藤ななみ(群馬・共愛学園)

◯81坂本陽菜(宮崎・宮崎日大)9-8(3) ●93星野遥香(埼玉・山村学園)

◯97西郷里奈(千葉・秀明八千代)6-2 途中棄権 ●112中島美夢(兵庫・相生学院)

●116吉川ひかる(神奈川・湘南工大附)5-8 ◯128齊藤唯(東京・早稲田実)

感想

相生学院の中島美夢選手、無念のリタイヤですね。いつもかなりの運動量であり、団体優勝、個人戦でのダブルス、に続き本日のシングルスと、かなりの試合数をこなしています。

ダブルスの3回戦でも、最後の2ポイントぐらいから足が吊りかけていた様子。それを考えると、ここまで勝ち進んできたこと自体がすごいですね。

札幌啓成の照井妃奈選手は、2年生ながら第一シードの吉岡希紗(四日市商)選手を85で破ると、その勢いのまま、猪川結花(岡山学芸館)選手にもタイブレで勝ちました。

2年生だけあって、チャレンジ精神が奏効したのかもしれません。
それでも、「負けない」ってすごい。「勝ちビビリ」なども多々あるテニスの世界なので、そこを振り切って勝ち切るって、精神的にもタフなのだと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. geralt / Pixabay
  2. cindydangerjones / Pixabay
  3. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s
  4. hbieser / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。