中村萌乃(元ユニバーサルエンターテイメント)はすでに引退!ドーピング理由や経歴を調べてみた!

この記事は3分で読めます

SAM7682 / Pixabay

2017年クイーンズ駅伝で優勝したユニバーサルエンターテイメントの選手が
ドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したいたことがわかり、
その優勝が取り消され、またそのときの成績なども抹消されるとのことがわかりました。

そこで、中村萌乃元選手について、経歴やドーピング理由なども調べてみました。

Sponsored Links







中村萌乃(元ユニバーサルエンターテイメント)の経歴

中村萌乃元選手は、ユニバーサルエンターテイメントに所属し、
2017年クイーンズ駅伝で優勝したときには、中村萌乃元選手は
第5区を走り、なんと区間2位でした。

しかも、タスキを渡されたときは「2位」だったので、
このとき区間2位となる走りで、ユニバーサルエンターテイメントを
1位の座に押し上げたのでした。

中村萌乃元選手は、新潟第一高校から城西国際大学に進学しました。
駅伝では、結構強く、主要な駅伝で、区間賞や2位を
取っている印象が強いのですが、高校生や大学生のときには
無名に近い選手だったようです。

大学を卒業後ユニバーサルエンターテイメントに入社し、
着々と力をつけたようです。

Sponsored Links







中村萌乃(元ユニバーサルエンターテイメント)のドーピング理由がやばい

色々な意味でやばいです。

何よりも、ドーピング検査で陽性反応が出たと聞き、
一番驚いたのは中村萌乃元選手自身ではないのでしょうか。

特に服用している薬もなく、まったく見に覚えのないことだったようです。

でも、陽性反応があるということは、何かしら摂取したことは
間違いないことなので、中村萌乃元選手も色々と調べたそうです。

その結果、その半年ほど前に産婦人科系の治療を受け、
そのときに使用した注射中にその陽性反応がでる薬が含まれていたとのことです。

おー、そんなこともあるんですね。

これはどうなんだろう、本人に責任があるの?と疑問に思っていたのですが、

産婦人科系の疾患だったことから、医師に自分が競技者であることを伝えていなかったそうで、
このことが、こんなに大きな問題へと発展してしまったとのこと。

なかなか難しいですね。

こういうことは自分自身で判断できないのであれば、
やはりユニバーサルエンターテイメントサイドに相談すべきだったということでしょう。

Sponsored Links







中村萌乃(元ユニバーサルエンターテイメント)はすでに引退

2017年のクイーンズ駅伝でユニバーサルエンターテイメントを優勝に導いた中村萌乃元選手ですが、御本人も気づかぬところで、まさかのどービング陽性。

本人が一番びっくりするとともに、本当に自分自身に対してがっかりしたのではないでしょうか。

168cmという身長もあって、とてもキレイなフォームで走る選手でした。

今回のドーピング検査で陽性反応が出たことが引退のきっかけになったのかもしれません。
そうだとすれば、本当に悔やまれることかと思います。

ユニバーサルエンターテイメントも優勝が剥奪されてしまったわけなので、今年のクイーンズ駅伝では、残された選手たちが一致団結して、良い結果に結びつけてくれることを期待したいと思います。

中村萌乃元選手にいたっては、十分に悔いていることと思いますので、
セカンドキャリアとして、素晴らしい今後を気づいてほしいと思います。

ご本人が意図してドーピングを摂取したわけではありません。
この大きな失敗が足かせとならないことを心より願ってやみません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. geralt / Pixabay
  2. cindydangerjones / Pixabay
  3. geralt / Pixabay
  4. Gellinger / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。