桂歌丸死因は?葬儀の日程は?

この記事は2分で読めます

Pezibear / Pixabay

本日は、天皇陛下が脳貧血で体調不良となり、しばらく安静が必要と発表され、そのご高齢さを案じていたのですが、その天皇陛下と年齢がそれほど変わらない落語家の桂歌丸師匠が死去されたとのニュースが飛び込んできました。

まだ明らかな死因は発表されていませんが、やはりご高齢であることによる体調の悪化が主な原因であるのではないでしょうか。

Sponsored Links





桂歌丸師匠のこれまでの病気とは?

桂歌丸師匠は、現在81歳。2009年頃から肺関係による疾患で度々入院されていますね。
実際に2009年に「肺気腫」に伴う感染憎悪のために入院し、このときに50年以上に渡る喫煙が原因で「慢性閉塞性肺疾患」と診断されたようです。

ということは、つまり「肺」が穴ぼこだらけになっていたということです。
さらにやっかいなことに、「慢性閉塞性肺疾患」は、その疾患そのもの、つまり肺の穴を治す薬はなく、一時的に気管を広げるための薬しかありません。

そのため、その後、歌丸師匠も何度も肺炎により入退院を繰り返していました。

今回、死去にあたり、直接的な死因についてはまだ公表されていませんが、晩年、肺炎による入退院の回数が増え、また酸素を手放せない状態になっていたことを考えると、やはり長年の喫煙習慣が原因である「慢性閉塞性肺疾患」の悪化と考えられます。

Sponsored Links





葬儀の日程は?

こちらも詳細はまだ明らかにされていません。わかり次第お伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. lechenie-narkomanii / Pixabay
  2. klimkin / Pixabay
  3. Pixel-mixer / Pixabay
  4. pixel2013 / Pixabay
  5. Hans / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。