ニューイヤー駅伝2018秋山清仁(愛知製鋼)の結果は?

この記事は2分で読めます

今年のニューイヤー駅伝で、密かに楽しみにしているのが、この愛知製鋼の秋山清仁選手。去年、箱根駅伝でMVPを獲得した選手です。愛知製鋼に入社後、どれだけ成長しているのか非常に楽しみ。今年は5区を走るとのことで、色々な有名人が集う中で、いぶし銀のような走りを見せてくれるのでしょうか。

Sponsored Links





秋山清仁選手とは?

秋山清仁選手は、箱根駅伝で日体大の選手として、2~4年生の合計3回、山下り(6区)を任されました。
2年生で走ったときに、区間4位で十分素晴らしい記録なのですが、その後3年生では、それまでに千葉選手の記録を上回る区間新記録。そして、4年生のときには、この3年生のときの自身の記録を上回る区間新を出し、その年のMVPを獲得しました。

これがまた驚くことに、山下りという過酷なレースをした後にもかかわらず、足の裏にはマメ一つできず、ツルリンとした、きれいな足。

これは、生まれ持った身体の適正というか、恵まれた体質というか、やはり足の皮がむけたり、マメができたりすると、一気にスピードが落ちてしまいがちですが、その心配がないというのは、大きな特徴ですね。

余談ですが、今年、箱根駅伝で青山学院大学の小野田勇次選手が去年、おととしと、山下り第2位なんですが、いずれの年もこの秋山清仁選手に阻まれたいたのでした。

途中の通過点で、ちらりとだけ秋山選手の姿が映りました。秋山選手は、少し順位を上げているようです。

**現在、秋山選手、疾走中ですが、テレビ中継でまったく映りません(涙)。みたいんですけど・・・・。分かり次第まだお伝えします。

最終的には、愛知製鋼の順位を1つ上げてタスキを渡しました。
もうちょっと走っている姿を見たかったです。

Sponsored Links





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. cindydangerjones / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。