ニューイヤー駅伝2018服部弾馬社会人1年目の走りは?

この記事は2分で読めます

770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s

東洋大学出身の服部兄弟と言えば、豊田自動車の服部勇馬と、トーエネックの服部弾馬。今年、兄である服部勇馬(豊田自動車)は、疲労骨折により、ニューイヤー駅伝への出場はできませんでした。

Sponsored Links




服部弾馬ニューイヤー駅伝2018の走りは?

どちらかと言えば、弟である服部弾馬の方がやんちゃ系。服部弾馬が1年生のときには、箱根駅伝を走る前日に服部勇馬に電話をして「アキレス腱が痛いかも」と言って、服部勇馬選手をドキドキさせます。

そして、その結果、服部弾馬選手が当日好走を見せると、服部弾馬がニコニコしながら話をする横で、涙が止まらなくなる兄勇馬選手。

その姿をケタケタ笑う弾馬選手。「なんで勇馬が泣いんの?」と無邪気な姿を見せていました。

また、東洋大学の練習中ではいつでも一緒。自分がなかなかいいリズムで走ることができないときには、相手の後ろを走って、いいリズムをもらうなど、お互いに上手く支えながらやってきたようです。

ちなみに、真面目な印象の服部勇馬選手は、ちょっぴり抜けているところがあり、箱根駅伝の当日も、シューズを忘れた!ということもあったようです。走るまでには間に合ったようですが、そこで、またまたケタケタと笑う弾馬選手。

現在、ニューイヤー駅伝2018がスタートしたところですが、少しずつ服部弾馬の姿がテレビに映るようになってきましたね。これまでのやんちゃぷりと見ていると、このまま黙ってはいないと思います。

ルーキーながら、途中で前に出てくることも十分に考えられるのではないでしょうか。今後のレース展開が楽しみですね。

ニューイヤー駅伝

先頭集団にいる弾馬選手

Sponsored Links

 




この後、旭化成の茂木選手がロングスパートをかけて、かなり先頭集団がバラけ始めたのですが、その中にもしっかり付いていき、しかも途中でふぅ~~と大きく行きを吐くという余裕を見せています。

2018-01-01_09h49_46

なんとなくやんちゃな印象のあった弾馬が一皮むけていた!

あくまでも私の印象ですが、これまで走り面でもやんちゃっぷりが見られていた弾馬選手。

このニューイヤー駅伝2018年では一皮向けていました。最終的には、高卒ルーキー遠藤日向選手に区間賞を持っていかれてしまいましたが、上手く先頭集団でのスピードの変化に対応し、その後、最後の最後に何段階かに分けてスパートをかけていきましたね。

弾馬選手より、若い遠藤日向選手が、最後若干体力があって区間賞を持っていかれてしまいましたが、非常に面白い1区でした。

ニューイヤー駅伝2018

Sponsored Links

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s
  2. cindydangerjones / Pixabay
  3. cindydangerjones / Pixabay
  4. hbieser / Pixabay
  5. geralt / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。