エディオン若林由佳ゴール寸前で倒れ救急搬送!一体何が!(若林選手のその後の様子も簡単に追記)

この記事は3分で読めます

paulbr75 / Pixabay

日本に大型の台風が近づいている本日、プリンセス駅伝が開催されました。
台風の影響もあって、後半どんどん強くなる風に苦戦した選手も多かったと思いますが、
本戦となるクイーンズ駅伝への出場権をかけて
熾烈な14位争いが繰り広げられる(上位14チームがクイーンズ駅伝へ出場します)、
どっちが出場権を得られるのか見守っていたところ、テレビに映し出された結果は、
2チームとも14位以内。

あれ?どこかの1チームはと思っていたら、非常に辛い結果となっていたチームがいました。

これは、駅伝としてのチームの結果というよりも、選手の体調が本当に心配です。

Sponsored Links





エディオン若林由佳ゴール寸前で倒れ救急搬送

ゴール直前で倒れてしまったのは、エディオンの若林由佳選手です。

その倒れ方が、

もちろん、脱水症状も大変なんです。ただ、脱水症状の場合、あと少しの距離であれば、
ゴールできた可能性もあります。
この若林選手の倒れ方を見ると、脱水症状であったとしても、完全に意識を失っているのではないかと思われます。

Youtubeで、若林選手が倒れたところの映像がアップされていたので、
その時の状況を確認したところ、
突然走るのをやめ、歩いたと思った途端、左側の歩道の方に寄っていきました。
その後、倒れたと思われるのですが、身体が呼吸をしている姿が見て取れます。
(↓の画像では、呼吸しているところまではわかりませんが、
動画ではゼッケンのあたりが、呼吸していることがわかるように大きく動きます)

その後、救急搬送される直前、関係者の方が、意識を失っていると思われる
若林選手を叩き、その瞬間、若林選手の片足がピクっと上がりました。

なので、救急車の中で点滴を打ってもらい、身体を十分に温めることができれば、
今日、明日中には回復できるかもしれませんね。

Sponsored Links





今年の箱根駅伝で、青山学院のエースと言われている田村和希選手が、給水を取った直後、
脱水症状→低体温症となり、やはりタスキを渡した後に救急搬送されました。
このとき、田村選手は、個人で走っているものであれば(例えば、マラソンなど)、
途中で走るのをやめてた・・・と言っています。

そして、意識も飛びそうだった・・・と。

今回の若林選手の場合も、突然この症状が襲ってきて、
本人が気がつく間もなく意識を失ってしまったのではないでしょうか。

その後、状況がわかり次第お伝えしますと書きたいところなのですが、
駅伝のニュースで、納得できない点は、その後、こうして倒れてしまった選手が
どうなったのか・・・を伝えないことなんですよねー。

若林選手の場合、とにかく倒れた後に動いていない(ように見える)だけに
本当に心配です。

Sponsored Links





去年のプリンセス駅伝で、快走したにもかかわらず、クイーンズ駅伝1区で足の故障で
大ブレーキしたと思われる高野智声選手に至っては、
その後どうなっていたのかわからないまま、気がつけば、ユタカ技研に名前はなくなり、
その後、岩谷産業に名前が載っていました(両チームとも、今年のクイーンズ駅伝には参加せず)。

これだけ全国からの注目を集める駅伝になっているので、
あの時に故障した(倒れた)選手は、現在は体調を戻して、元気に練習しています!とか、
企業のサイトの中で示してくれたらいいのに・・・・と思いますね。

いずれにしろ、今回の若林選手の倒れ方は本当に心配です。
まだ若い選手なので、エディオンの力強いサポートを得て、
来年、このクイーンズ駅伝で元気な姿を見せてほしいですね。
今年の「豊田自動織機」のように。
島田美穗(豊田自動織機)クイーンズ駅伝快走だが、タスキ渡しミスで失格?
高野智声クイーンズ駅伝でアクシデント!足の怪我は大丈夫か?

Sponsored Links





【追記】
エディオンさん、若林さんのその後を簡単ながらもアップしてくれました。

やはり、意識を失ってしまったようですね。
現在は、回復されているとのことで、ホッとしました。
こういう情報は必ずアップするようにしていただきたいですね。>陸上界の皆様へ・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. jarmoluk / Pixabay
  2. jarmoluk / Pixabay
  3. jarmoluk / Pixabay
  4. 設楽悠太選手東京マラソン快走中
  5. Pexels / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。