才賀紀左衛門前妻は誰?過去の離婚原因もゲス不倫だった

この記事は3分で読めます

qimono / Pixabay

今年もゲス不倫の話題が続きますね。すっかり「ゲス不倫」というワードが定着してきたような気がしますが・・・。今回の報道では、格闘家である才賀紀左衛門が、モデルである寿るいだそうです。最近、現在の妻であるあびる優が、子育ての不満をSNSで爆発させたことから、公開夫婦喧嘩のようになっていたので、その憂さ晴らしなのでしょうかねー。

才賀紀左衛門は、あびる優との結婚は、再婚とのことなのですが、前妻と離婚した理由がまた凄い!早速そのあたりを見ていきたいと思います。

Sponsored Links





才賀紀左衛門の経歴

才賀紀左衛門は、1989年2月13日生まれです。現在28歳とお若いですね。

幼稚園児の頃から、空手を始めていたそうなんですが、この年代の子供たちが空手している姿って、想像するだけでも可愛いですよね。でも、ただ可愛いだけでなく、才賀紀左衛門氏の場合は、着々と実力をつけていったのでしょう。

そして、空手だけでなく、キックボクシングにも力を入れ始めて、アマチュアキックボクサーからプロのキックボクサーに転向し、そして現在は、プロ総合格闘技家として戦っています。

才賀紀左衛門氏は、この名前はリングネームではなく、れっきとした本名だそうです。お父さんが、関西では有名な株式会社サイガの創業者だそうです。

空手を習い始めた頃は、すでに裕福で、驚くことに小学校への送迎は車で行っていたそうです。
しかも、この頃から女の子が周りによってくるタイプだったそうで、毎日数人、車に一緒に乗せて下校していたそうですよ。

もうすでにこの頃から・・・・^^;

ちなみに、才賀紀左衛門氏の母親は、「バレンタインデーにチョコを10個以上もらえなかったら帰ってくるな」と言っていたという、ちょっと意味のわからない、方向性の違うスパルタぶりを発揮していたようです。

Sponsored Links





あびる優と結構する前の離婚原因がすでにゲス不倫


(↑こんな頃も・・・)
そんな才賀紀左衛門氏。現在28歳とはいっても、すでに離婚歴があります。10代で出会った方と結婚し、22歳で離婚していたようです。

前妻が誰であるか、名前等はネット上には出ていませんので、一般の女性だった可能性が高いですね。

しかも、その離婚原因が・・・・

才賀紀左衛門氏が自宅にホステスを連れ込んで寝ていたそうです。それだけでもうアウト!ですが、なんとその寝ているときに、奥さんが自宅に帰ってきたそうです。しかもお子さんもこの時すでに二人いたということなんで、あまりにも節操がない・・・・。

もちろん、現場に鉢合わせ状態になった奥さんが激怒して離婚となったそうです。

現在、その前妻がどうなっているのかはわかっていませんが、お子さん二人を抱えての離婚は大変だと想像します。

ただ、才賀紀左衛門氏はご実家自体も裕福なので、きっちり慰謝料&養育費はいただいていることでしょう。その後、あびる優さんと結婚し、はたまたゲス不倫を繰り返している・・・となると、前妻も早々に離婚して正解だったかもしれませんね。

才賀紀左衛門氏は、前回の離婚のときには、「絶対に大切な人は裏切ったらあかん!」と言っていたそうですが・・・・そんな舌の根も乾かないうちに、再び・・・なのでしょうか。

Sponsored Links





あびる優とSNSを介して喧嘩の原因

これは、あびる優さんが子育ての大変さを訴えつつ、「なんで全部私一人でやらないといけないのー」と声を大にして言いました。

もちろん、ネットでは、同じ女性からの支持も大きかったのですが、「そんなん当たり前やん・・・」という声もちらほら。

ただ、この頃にはすでに才賀紀左衛門氏の仕事以外での夜遊びに嫌気がさしていた可能性もありますよね。「お付き合い・・・」という名の仕事かもしれませんが、かなりドハデな状態だったのではないでしょうか。

才賀紀左衛門氏は、このあびる優さんの発言に対して、自分も協力している、丸1日子供の面倒を見ることもある・・・と反論しましたが、「協力」だと思っている時点で、子育て中の母親にとっては不満の元になるのではないでしょうか。

子育ては決して母親一人が背負う必要があるのではなく、二人で行うべきもの。それを「協力」と言っている時点で、違うかなという印象があります。

ただ、女の子と戯れるのが大好きな才賀紀左衛門氏にとっては、奥様やご自身の子供といるだけの時間は苦痛だったのかもしれませんね。

まとめ

才賀紀左衛門氏の女の子好きは、小学校の頃からすでに始まっていて、お母さんもそれを助長していたとのことなので、ある程度、結婚してもこの「女の子好き」が収まらないことは、あびる優さんも想定内だったのではないでしょうか。

それにしても、あびる優さんも、子供たちは可愛いけれど、自分の時間を取れず、すべて子供のペースに時間をあわせることに疲労も蓄積している頃にこうしたゲス不倫や夜遊びガンガンされると、腹が立つのもわかります。

今回のこの騒動が離婚という結果になるのかどうかはわかりませんが、才賀紀左衛門氏には、自分は「父親」であるという気持ちを強く持っていただきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 8c67313c34d83d316aeb880c9c162c7f_s
  2. stevepb / Pixabay
  3. ulleo / Pixabay
  4. ponce_photography / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。