カズオイシグロ経歴、家族などを調査!2017年ノーベル文学賞受賞!

この記事は3分で読めます

日系人作家のカズオイシグロ氏が、2017年ノーベル文学賞を受賞しました。毎年、候補に名前が上がるのは村上春樹氏なのですが、今回も村上春樹氏は受賞できず。その代わりにこのカズオイシグロ氏の受賞が発表されました。

そこで、カズオイシグロ氏の経歴やご家族のことなどを調べてみました!

Sponsored Links





カズオイシグロ氏の経歴


カズオイシグロ氏は、1954年11月8日生まれで、長崎県出身です。現在62歳だそうで、どこからどう見ても完全に日本人なのですが、実はまったく日本語は話せないそうです。

というのも、カズオイシグロ氏はお父さんのお仕事の関係(油田調査)で、5歳のときには日本を離れ、イギリスに在住していたとのこと。

どこからどう見てもハーフの人が、まったく英語がしゃべれないのと同様に、カズオイシグロ氏も完全に見た目は日本人なのですが、日本語はからっきしだめとのことで、このギャップがなかなかおもしろいですね。

もちろん、カズオイシグロ氏の作品はすべて英語で書かれているとのこと。1989年には、作品「日の名残り(The Remains of the Day)」で英国文学界最高の権威であるブッカー賞を受賞していたとのことなので、文才があるのでしょうね。

とは言っても、最初から作家を目指していたわけではないようです。

1980年にイーストアングリア大学大学院を卒業したとのことですが、その時の学科が創作学科で、なんとミュージシャンを目指していたそうです。

何かしら、自分の中で表現を形にしたいという思いがあったのかもしれませんね。その後、ミュージシャンの道は諦めて、文筆活動を開始したようです。

カズオイシグロ氏の家族

カズオイシグロ氏は、現在62歳ですが、1986年にイギリス人の方と結婚しているそうです。お子さんはいないみたいですが、奥様と静かな日々を過ごしていらっしゃるのでしょうか。

カズオイシグロ氏は、ご自身の作品を発表する前には、奥様に内容をチェックしてもらうらしく、奥様からの「ダメ出し」をベースに、修正加筆しているようです。

奥様に「ダメ出し」をくらって、頭に来ない・・・ということは、奥様の判断を信頼しているのでしょうね。もちろん、カズオイシグロ氏独特の表現で作品を作成しているので、最終的な判断はカズオイシグロ氏自身が行うと思いますが、身内からの意見にも真摯に向き合う姿は素晴らしいですね。

奥様と力をあわせて、今があるのだと思うので、そんなエピーソードを聞くだけで、素晴らしいなーと思ってしまいますね。

これまでの作品
邦題 原題 出版年
遠い山なみの光 A Pale View of Hills 1982年
浮世の画家 An Artist of the Floating World 1986年
日の名残り The Remains of the Day 1989年
充たされざる者 The Unconsoled 1995年
わたしたちが孤児だったころ When We Were Orphans 2000年
わたしを離さないで Never Let Me Go 2005年
忘れられた巨人 The Buried Giant 2015年
(出典:Wikipedia)

Sponsored Links





まとめ

カズオイシグロ氏は、5歳のときにはイギリスに移住していたため、日本の記憶は残っていないと思われますが、実際には、イギリスで生活している間もずっと、日本の社会に思いを馳せていたそうです。

そのため、ご自身で「20代の半ばにはすでに日本に対するイメージができあがっていた」と言います。

記憶に基いて・・・といえるのほどの記憶はなかったと思われますが(さすがに5歳までの日本での記憶を保持し続けることはないでしょう)、ただ、ずっと日本に対する思いを抱いていて、それを活字にしていった・・・ということでしょうか。

ちなみに2005年に発表された「わたしを離さないで」という作品は、2016年に日本語でドラマ化されました。主演は、綾瀬はるか、三浦春馬、氷川あさみだったそうで、今回、カズオイシグロ氏がノーベル賞を受賞したということは、この作品の再放送が近々放映されるかもしれませんね。

ぜひ、この作品を見てみたいものです。

あ、カズオイシグロ氏は、こうして自分の作品がドラマや映画になることについては、まったく抵抗がないようです。ただし、それはある程度原本と離れた、1つの作品として完成させてもらいたいそうです。

作者さんにも色々な考えの方がいるので、面白いですね。

私も、これを機に、カズオイシグロ氏の作品のオリジナル版を読んでみたいものです。

Sponsored Links





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Pezibear / Pixabay
  2. lcarissimi / Pixabay
  3. Radfotosonn / Pixabay
  4. Pezibear / Pixabay
  5. TeroVesalainen / Pixabay
  6. Fotocitizen / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。