押切智直(加茂暁星高校野球部)女子マネ低酸素脳症にて死去その責任は?

この記事は3分で読めます

pcdazero / Pixabay

2014年に新潟県加茂市の加茂暁星高校野球部の監督に就任した押切智直監督。7月26日の野球部に練習後、女子マネージャーが学校で倒れ、その時に呼吸を確認して、呼吸があったことからAEDを使用することなく救急車の到着を待っていたとのこと。

その女子マネージャーは、残念ながら8月6日に死去されたそうです。女子マネージャーのご家族は、「AED」さえ使っていれば亡くなることはなかったかもしれないと、押切智直監督と加茂暁星高校とを告訴するとのことです。

Sponsored Links





女子子マネージャーが死去した原因は低酸素脳症?

「低酸素脳症」とは、循環不全または呼吸不全などが原因で、酸素供給が十分に行き届かなくなり、脳に障害をきたした場合を指します。

今回の女子子マネージャーは、野球部の練習を行っていた野球場からの帰り、通常、女子マネージャが乗って帰るマイクロバス(練習用具用)に、怪我をした部員が乗ったことから、女子マネージャーが乗れる状態ではなくなっていました。

押切智直監督は、そのとき女子マネージャーに「マイペースでいいから走って帰るように」との指示を出したそうです。

このとき、夜の7時半すぎ。野球場はかなり山の中にあるようです。さすがに「マイペースでいい」とは言われても、部員に置いていかれたくはないですよね。一人になるのは怖いと思います。しかも、この日、練習会場であった野球場からの帰路とのことなので、日中、野球部の練習のために屋外にいたことは間違いないと思います。

マイクロバスに乗ることができずに女子マネージャーに走って帰れとの指示を出したとのことですが、このとき、監督はどこにいたのでしょうか?学校にいて、電話で指示を出していたのでしょうか?

そうだとしても、部員の誰かに「女子マネージャーは車に乗れないから、誰か一緒に歩いて戻ってくるように」と指示することもできたのではないでしょうか。

あまりにも女子マネージャーの体調を軽視しているのではないでしょうか。

女子マネージャーが高校に着いた後に倒れたときに、押切智直監督が駆けつけたとのことなので、押切智直監督は、すでに学校にいたことになりますよね。

どうやって野球場から戻ったのでしょうか。

救急車が来るまでの押切智直監督の判断

押切智直監督は、女子マネージャーが倒れたときに呼吸を確認したとのことです。その時に呼吸を確認できたため、AEDは使用しなかったと語っているようですが、

2017-08-17_07h10_52
こういった処置を行ったのでしょうか?

実際に部活の「監督」という責任を任されている以上、部員の体調管理も重要な任務ですよね。もちろん女子マネージャーに対してもですが、こういった非常時に常に冷静に対処できるように、常日頃から準備しておくことは、子供達を安全にスポーツさせるにあたって、絶対必要なことだと思います。

Sponsored Links





押切智直監督はどんな人?

今回、押切智直監督の業務上過失致死が問われているわけですが、押切智直監督とはどんな人物だったのか調べてみました。

2014年に新潟県加茂市の加茂暁星高校野球部の監督に就任するまでは、社会人として仕事をしながら、神奈川県の強豪チームのコーチを務めていました。その後、加茂暁星高校野球部の監督に就任しましたが、2016年には加茂暁星高校野球部が37年ぶりに新潟の県大会のベスト4に進出するなど、押切智直監督の指導が実りつつあるところでした。

実際に練習も非常に厳しいらしく、2014年に入部した部員は、辞めていく人も多かったそうです。もちろん、わずか数年で急激に強くなろうとしたら、やはり練習が厳しくなるのも当たり前ではあると思います。

その中でしっかり結果を出してきた監督を始め、加茂暁星高校野球部は全員ものすごい努力をされてきたのだと思います。

もちろん、その練習についていくには、押切智直監督がみんなの気持ちを1つにまとめる何かがあったのだと思います。

思いますが・・・・、今回こうした悲しい結果が生まれてしまったのには、やはり押切智直監督の落ち度かと思います。

Sponsored Links





日本全国で部活中での死亡事故は増えている

去年の夏も部活のランニング中に倒れ、亡くなるという事故は複数起きています。日本でも温暖化が進み、夏の気温はかなり高いものとなっています。

一昔前の「水分を摂ることは禁止!」といった、意味のわからない無用な指示はなくなったとはいえ、子供達を安全に指導し続けるには、今回のように子供達が万が一倒れたときには、いつでも的確に応急処置を行うことができるだけの知識は、指導者が身につけておく必要があるかと思います。

押切智直監督が、どんなに思いやりのある優しい指導者だったとしても、こうした体調管理への知識が乏しければ、やはり優れた指導者とは言いがたいものがありますね。

Sponsored Links





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. mmmCCC / Pixabay
  2. sasint / Pixabay
  3. 小林麻央バナナクッション
  4. condesign / Pixabay
  5. DeltaWorks / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。