宮迫博之不倫疑惑!嫁のエピソードに涙

この記事は3分で読めます

Pexels / Pixabay

雨上がり決死隊の宮迫博之さんに二人の女性との不倫疑惑が生じた8月9日発売の週刊文春の記事。その記事について、バイキング生放送に出演した宮迫博之さん、その時のことをご自身の言葉で説明しました。

もちろん、番組の冒頭では、恐妻として知られる宮迫博之さんの嫁に「行ってこい!」と言われたと話しています。

数年前には胃がんを克服している宮迫博之さん。その時に看病した嫁に対する不貞とは何事だ!と思っていると、その嫁の口から出た言葉に思わず涙してしまいました。

Sponsored Links





宮迫博之の不倫疑惑

8月9日発売の週刊文春の記事では、小山ひかるさんというモデルさんと、30代の美容ライター(ネットでは佐々木仁美さんとの噂もあります)という二人の女性と同じ高級ホテルに別々の日に宿泊したことが書かれています。

二人の女性、そして宮迫博之さんがホテルに入る手口も計画的で、先週放送されたバイキングの水曜メンバーでは、「プロの手口」という声もあがり、ここまで計算しているのは凄い!ある意味、クロ間違いなし!と、ある意味かな~~り番組の中で盛り上がっていました。

宮迫博之の不倫疑惑に対する本人のコメント

そして、その記事が掲載された2日後の今日、生放送で宮迫博之さんが一連の報道について謝罪をしました。

その中で、宮迫さんは、二人の女性とホテルに泊まったのは事実であると言いました。

ただ、宮迫博之さん自身は泥酔しており(これはよくあることだそうです)、泥酔とする寝てしまう体質だそうで、不適切な行為があったわけではないと言っています。

もちろん奥様にもそう説明したそうです。

が、宮迫博之さん自身としては、た~~っぷり下心があり、あわよくばそういう関係に・・・・と思って口説きかけはしたそうですが、女性にキッパリと断られたそうです。

小山ひかるさんに関して言えば、2日ホテルに宿泊しているとのことですが、なんと2日とも口説くことはしたそうです。が、2回ともしっかり振られたそうです。

小山ひかるさん、売名行為じゃないかなどど言われていますが、しっかり拒否の姿勢を示していたんですね。

もしかすると、宮迫博之さんの優しさで、第三者が納得するようなストーリーを考えたのかもしれませんが、本当に「シロ」だとすれば、小山ヒカルさんの株はあがりそうです。

Sponsored Links





宮迫博之の嫁の反応は?

宮迫博之さんは、この記事について文春の記者から直撃取材を受けたその日に嫁には報告したとのことです。

もちろん、その後3日ぐらい、宮迫博之さんにとっては自宅にいるのが地獄の時間だったようです。当たり前ですよね。

ただ、お二人できっちりとこれまでのことも含めて話し合いをしたそうですが、なんとその恐妻と言われている嫁は、

自分も非があったのかもしれない。家族だから私が助けるよ

と言ったそうです。
驚きです。旦那が浮気しそうになって。それも複数の女性と。それなのに「自分も非があったかもしれない」なんて言えますか?

ただ、複数の女性と・・・ということは、単なる下心。つまり本気でその人に惚れた・・・というよりも、かる~~~い浮気心以外の何ものでもないのがよくわかるのも事実ですよね。

また、嫁は、

「あんたにまたがんが再発したりと考えたら、こんなのは屁みたいなもんや」

とも言ってくれたそうです。

これに対して宮迫博之さんも

「30年も一緒にいてくれて、そんなことを言ってくれる嫁を裏切るような行為をしてしまって本当にもう…」

と、涙ぐんだそうです。
いや、本当にそうですよ。これだけ素晴らしい奥様で、本当によかったですよね。宮迫博之さんご自身も言っていましたが、ご自身が調子に乗っていたとしか思えない行為でしたね。

ただ、普段、お酒を飲むときの宮迫博之さんは、泥酔したとき意外はかなり真面目で、話もあまり面白くないようです。もちろん、この泥酔したときに問題行動を起こすことが問題ではあるのですが・・・・。

さすがに今回は、ご自身の身から出た錆であり、素晴らしい奥様と、宮迫博之さんさんに声をかけられはしたけれど、きちんと断った女性二人の素晴らしさに助けられましたね。

きっと、もう二度と宮迫博之さんの不倫報道は起きないだろうと信じたいと思います。

Sponsored Links





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. amh1988 / Pixabay
  2. Tumisu / Pixabay
  3. PublicDomainPictures / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。