引っ越しAmazonって何?どうやって贈るの?有効期限は?

この記事は3分で読めます

jill111 / Pixabay

「引っ越しAmazon」と聞いて、いよいよAmazonも引っ越し業界に参入か?と思って人は私だけではないかと思います。
インターネットの普及がもの凄い勢いで拡大し、Amazonのおかげで、運送業者も悲鳴をあげるほどの繁盛っぷりで、このままAmazonの販売網が拡大し続けていいものかと疑問視されている折、またまたこの「引っ越しAmazon」という新たな展開でネット上がざわざわしています。
早速この「引っ越しAmazon」って一体何なのか見ていくことにしましょう。

Sponsored Links





「引っ越しAmazon」でざわつき始めたきっかけ

「引っ越しAmazon」でざわつき始めたきっかけは、コチラのツイッターでのつぶやきでした。

Amazonのギフト券を引っ越しの挨拶用メッセージと共に隣人の方のポストに入れておいたという奴ですね。そのままポンとポストに入れるのではなく、一言声を掛けてから渡した方が捨てられる心配はないかと思うのですが・・・。

またAmazonのギフト券の場合、封筒に入れたり、グリーティングカードのようにすることもできるので、印刷した紙で渡すよりも、ちょっとしゃれた風にすることはいくらでもできますね。

引っ越しの挨拶に何か必要とは思いつつ、顔を合わせて挨拶するまでは・・・・という思いがあったのでしょうか。

それにしても、Amazonのギフト券を贈るとは、なかなかしゃれた感じがするのは私だけでしょうか。

Sponsored Links





「引っ越しAmazon」はどうやって購入できるの?

実際に「引っ越しAmazon」と銘打っているわけではありません。Amazonギフト券を購入するときに、メッセージを入れることができるのですが、その時に引っ越しの挨拶用のメッセージを入れておけばいいわけです。

グリーティングカードなどの場合、メッセージを手書きで入れたり、写真、シール、リボンなどでデコレーションも可能なので、自分のオリジナリティあふれるカードを送ることができます。

(Amazon公式サイトより)

(Amazon公式サイトより)

Amazonのサイトに行って、「検索窓」にギフト券と入力すると、下の画面が表示されます。

(Amazon公式サイトより)

(Amazon公式サイトより)

こちらから色々なタイプのギフト券を選択することができるので、選んでいる側も楽しいですね。

一番のメリットは、贈られた相手は、自分の好きな物を選択できることにあると思います。

例えば、「引っ越しの挨拶」に蕎麦を贈るというのは、かなり昔からの慣習で行われていることですが、そもそも全員が蕎麦好きとも限らず、ましてや蕎麦アレルギーの方もいるかもと思えば、無条件で蕎麦を贈ることに恐怖を感じますよね。

こちらのギフト券では、金額は設定してあるけれど、その金額の中で贈られた人に選択肢があるという時点で、贈られた側も楽しいのではないのでしょうか。

また、そのギフト券で何かを買わなければいけない・・・というよりも、何か自分が買い物したときに、このAmazonのギフト券での支払いをプラスすればいいだけなので、どのように使うこともできますよね。

またデジタルコンテンツや、Kindleの購入などにも使うことができます。

「引っ越しAmazon」の有効期限は?

上の公式サイトにも書いてあるとおり、「引っ越しAmazon」の有効期限は10年です。「10年」ですよ!10年なんてAmazonのギフト券を持っていたことさえ忘れてしまいそうですが、とにかく10年は有効だそうです。

すぐに買いたい物がないという方も、その存在さえ忘れさえしなければ、今後10年の間にいつかは使うことができるでしょう。ご高齢の方が受け取って、使えない・・・と思っても、お子さん、お孫さんにそのまま渡せば、喜んで使ってくれることと思います。

Sponsored Links





まとめ

「引っ越しAmazon」という、Amazonギフト券の新たな使い道が拡大することで、一番悲鳴をあげるのは、またまた運送業者の方々のような気がしますが、

個人的にはこの「引っ越しAmazon」の使われ方は賛成ですね。顔を合わせることなくポンとポストに入れられていることが問題・・・とはいえ、このご時世、その引っ越しの挨拶さえないことがザラになっています。

そんな中で、こうしたギフト券が贈られるとは、ほんの少しの気持ちでも伝わってくるものがあるかと思います。

だいたい、突然家をピンポンされて、顔見知りでない方がドアの前に立っていたら怖いですしね。それを考えれば、ギフト券をポストに投函でも全然問題ないと思います。

ただ、「ちらし」と区別ができるように、ちょっとした工夫はしておいて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ponce_photography / Pixabay
  2. PublicDomainPictures / Pixabay
  3. Edwin01 / Pixabay
  4. 披露宴直前の愛之助さん
  5. valiunic / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。