山口翔(熊本工業)ピッチャー最速男に注目!

この記事は2分で読めます

Pexels / Pixabay

そろそろ各県で甲子園をかけた争いが始まりますね。
春の選抜で悔しい思いをした選手達も、今、総力をあげて頑張っているところではないでしょうか。

さてさて、まだ甲子園出場も決まってはいませんが、早速注目の選手について調べてみました。


スポンサーリンク





熊本工業の山口翔選手とはどんな選手?

熊本工業の山口翔選手は、春の選抜甲子園のときから注目を集めていました。身長180cm、体重73kgです。

写真を見る限り、それほど大きく見えないのですが、180cmはでかい。

でも、今どき、日本でも180cm級のピッチャーは数多くいますよね。やはり上から振り下ろされるボールは、球威が違うのでしょうか。

出身中学は、熊本市立日吉中学校で、中学校の部活で軟式野球部に所属していたようです。その後熊本工業高校に進学し、現在に至ります。

山口翔選手は、地元の日吉中学のときに、チームが市大会で優勝し、高校野球のスカウト陣が注目するようになったそうです。

数々のスカウト陣からのお誘いを受けるなか、山口翔選手は熊本工業高校を選択しました。

その頃に強豪校であった九州学院を倒して甲子園に行く!という強い思いがあったようです。

野球はチームプレイなので、自分一人の思いではどうにもできないと思うのですが、強豪校に入学するのではなく、その学校を倒して甲子園に行くとは、すごい男っぷりですね。


スポンサーリンク





熊本工業の山口翔選手の球速は?

中学時代から、数々のスカウトを受け、晴れて入学した熊本工業では、2年生でレギュラーの座を獲得しました。

現時点では、ストレートが149キロで、最速だそうです。ただ高校1年生の冬は、まだ最速は141kmだったそうです。そこからぐんぐんスピードが上がっていったんですね。

こんなに急激にスピードアップして、肩を壊さないのか心配になりますが、きっと今が伸び盛りなのでしょう。

ただ、そんな山口翔選手の欠点は・・・・。「制球」面で問題ありのようですね。まぁまだ高校生なので・・・と言われればそうなんですが、

どんなに速い球を投げることができても、突然大きく乱れると、あっという間に点差が広がってしまう怖さが野球にはありますよね。

夏の県大会、甲子園には、制球の課題が解決されてればいいのですが・・・。

この秋注目されるドラフト会議に向けたスカウト陣も、山口翔選手の肩の可動域の広さや、肩甲骨の柔軟性を高く評価しています。制球力についても、徐々にアップしていることから、プロでの活躍も十分視野に入れていいようです。

とにかく、今後の活躍に注目していきたい選手です!


スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. cindydangerjones / Pixabay
  2. 全米OPで勝利後の大阪まなみ選手(出典:ハイライト動画)
  3. hbieser / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。