藤井四段 中継(7月2日)はどうやって見る?30連勝をかけた勝負メシは?

この記事は3分で読めます

8c67313c34d83d316aeb880c9c162c7f_s

2017年7月2日、中学生の藤井聡太四段が30連勝という新記録樹立のために、本日佐々木勇気5段と対局します。そして、前回増田四段と対局したときに、藤井四段の注文した昼食に注目が集まり、「豚キムチうどん」があっという間に完売。また藤井四段が「豚キムチうどん」を食べたということで、ご家庭で「豚キムチうどん」を作った人も多いと、日本全国「豚キムチうどん」デーとしても過言ではなかったほどの「豚キムチうどん」フィーバーを起こしたようです(笑)。

さて今日の昼食には何を注文するのでしょうか?マスコミのみなさん、一般客のみなさん、くれぐれも藤井四段そして佐々木五段が昼食を注文するまでは何も注文しないようにしましょうね。せっかく棋士が注文しても「売り切れです」という状態を引き起こさないように協力しましょう!


スポンサーリンク





藤井四段と佐々木勇気五段との対局はどうやって見ることができる?

藤井四段の30連勝をかけた佐々木勇気五段との対局は、AbemaTVにて見ることができます。
https://twitter.com/AbemaTV/status/881286313617444864
藤井四段の30連勝も凄いですが、AbemaTVの勢いも凄いですね。先日増田四段との29連勝をかけた対局も11時間放映し続けていましたし、今回も9時半から放送を開始しているようです。佐々木勇気五段もイケメン棋士で大きな注目を集めているため、前回よりも多くの方が視聴するかと思います。2017年4月に放映を開始したばかりであり、飛ぶ鳥を落とすかのごとくの勢いで伸びているAbemaTVです。

【追記】20時40分現在、AbemaTVのサーバーダウンが原因と考えられますが、AbemaTVでの中継を見ることができない状態が続いています。都議会選結果と重なってしまったせいでしょうか。

佐々木勇気五段との対局日の昼食は?

↓注文したところです。

私も将棋素人で、今回、中学生の藤井四段の活躍が注目されるようになって、色々将棋について調査するようになったのですが、対局中の昼食代って自分の財布から注文時に出すんですね。なんだか中学生が自分の財布からお金を取り出して昼食代を払うって、不思議な感じがします。

事前に余分に将棋協会の窓口で扱っておくとかした方がいいのではないでしょうかね。これだけマスコミの注目を集める場合には・・・。

どうやら7月2日の昼食は、冷やし中華大盛りのようです。将棋会館近くの冷やし中華と言えば「そば ほそ島や」ですね。ここは丸山九段が夕食に冷やし中華を注文して注目を浴びたお店です。

と思いましたが、前回の豚キムチうどん同様、「みろく庵」だそうです。
前回の豚キムチうどんは熱すぎたのでしょうかねー。その熱さで汗が止まらず、集中力が飛んだ・・・とか。

対する佐々木勇気五段は、「肉豆腐定食・もち入り」だそうです。これは熱そうですねー。でも腹持ちはかなり良さそうな気がします。

それにしても今回のこの対局で、「みろく庵」の売上げは凄いことになりそうですね。最初から何を注文するかわかっていれば、仕入れに工夫ができると思うのですが、イチバチ勝負は辛いですね。

関連記事:みろく庵(将棋会館近く)の豚キムチうどんは人気が続きそう


スポンサーリンク





藤井聡太四段が子供の頃遊んだゲームは?

藤井聡太四段が研究用として将棋ソフトを愛用し、現在の藤井四段の強さがあることは、かなり知られていますね。

将棋は、常に頭を使い、また「感想戦」にもあるように、対局後にその時の将棋の指し手の振り返りをすることで、次の対局に活かせるという、今すぐにでも勉強方法に取り入れることばかりなので、ご自身の子供のために、藤井四段が子供の頃に何を使って遊んでいたのかに注目が集まっているようです。

将棋会館から発売されている藤井四段グッズは、すでに完売のオンパレードのようですね。藤井四段は、小さい頃コチラで遊んでいたそうです。

また、立体パズル「クボロ」

にも人気が集まっています。

藤井聡太四段と佐々木勇気五段との対局の解説に注目!!

佐々木勇気五段については、藤井四段が増田四段と対局した日、その会場でその対局を見守っていたと報道されていましたが、今回の藤井聡太四段と佐々木勇気五段との対局は、この勝負で勝った方が対戦する阿久津主税棋士です。

ご本人も、


とツイッターでつぶやいている通り、次の対戦相手となる対局の解説をするのは初めてだそうです。色々新しい試みで話題をさらっていきたいのでしょうか。将棋界。そういえば、将棋ソフトの件で大きな話題となった三浦棋士への対応で、将棋協会の評価ががた落ちだったので、今が名誉挽回、あれをなかったことにする良いチャンスとばかり「攻め」の姿勢のようですね。


スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Gallila-Photo / Pixabay
  2. Comfreak / Pixabay
  3. readygoimage-2016-09-14-15-34-45
  4. bngdesigns / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。