サニブラウン日本陸上2017 200メートル決勝の結果は?

この記事は2分で読めます

jarmoluk / Pixabay

昨日行われた100メートル決勝で、快走を見せたサニブラウン選手。その日も200メートルの準決勝までの2本を走り、最後の最後に若干流し気味に走っていたのですが、今日はいよいよ200メートルの決勝となります。果たして飯塚翔太選手とのバトルはどうなったのでしょうか?


スポンサーリンク





100メートル決勝では10秒06

実はどちらかと言えば200メートルに照準を合わせていたというサニブラウン選手。スタートは、多田修平選手に先頭を許したものの、中盤から一気に先頭に立つと、他を寄せ付ける間もなくゴールしていきましたね。

200メートル決勝の結果は?

この後17時45分から200メートル男子の決勝が行われています。最大のライバルである飯塚選手は昨日の時点で20秒40。サニブラウン選手は、準決勝で最後若干流し気味で20秒61。本番である決勝レースでこの差を縮めることができるのが注目されていましたが、さすが本番に強いサニブラウン選手。

決勝では、20秒32の記録を出し、優勝しました。これで昨日の100メートルに続き二冠です。素晴らしい!


スポンサーリンク





まとめ

サニブラウン選手は現在18歳。まだまだ今後の伸びが期待できる選手です。この秋からフロリダ大学への入学が決まっているのですが、そのフロリダ大学では、入学前にフロリダ大学のコーチ陣から指導を受けることができないため、現在サニブラウン選手は、オランダで練習を重ねているそうです。

そのオランダで、トップ選手との練習を重ねることでどんどん力を伸ばして行っているサニブラウン選手。8月に開催される世界選手権での活躍がもうすでに楽しみになってきました。

どうか怪我することなく、最高の舞台で最高の記録を出してほしいですね。今後の活躍に注目していきたいと思います。


スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. geralt / Pixabay
  2. 設楽悠太選手東京マラソン快走中
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。