飯塚翔太日本選手権200決勝の結果は?

この記事は1分で読めます

jarmoluk / Pixabay

ロンドン世界陸上を前に日本陸上男子の闘いが非常に熱く、面白いものになっていますね。昨日18歳のサニブラウン選手が100メートル男子の決勝を制しました。そのサニブラウン選手も出場する200メートル決勝ですが、その行く手を阻むのがこの飯塚翔太選手。昨日の準決勝では20秒40の記録を出しており、今日の結果が楽しみになっています。ちなみに飯塚翔太選手は今日が誕生日です。100メートル決勝で2位だった多田修平選手もやはり決勝であった昨日が誕生日でした。


スポンサーリンク





2017日本選手権の結果は?

飯塚選手、決勝では20秒55の3位となりました。昨日の時点で標準タイムは超えているので、世界陸上決定だと思いますが、決勝はやはりサニブラウン選手が速かったですねー。

6月5日の世界選手権代表選考会の結果は?

とても面白いことに、飯塚翔太選手、6月5日に鳥取で開催された世界選手権代表選考会に100メートルで出場しました。
実はこのときに、自分自身の100メートルの記録を更新する10秒10を出したかと思えば、二走目では日本歴代7位となる10秒08という記録を出しました。

飯塚選手本人も、この記録には非常に驚いているようです。このレースは、200メートルでの前半での加速を強化することが目的であり、記録についてはまったく狙っていたものではなかったそうですが、実際のレースでは、今回の日本陸上で3位につけたケンブリッジ選手からも逃げ切る形でゴールしました。

いわゆる棚ぼた状態でしょうか。それでも、これまで真摯に200メートルと向き合ってきた結果であるのですが、これはすごい記録ですよね。

ご自身が課題としていた、200メートルでの加速も実感できたことなので、今後の活躍に期待したいところです。


スポンサーリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 記者会見での大坂なおみ選手
  2. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s
  3. paulbr75 / Pixabay
  4. geralt / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。