本間敬大(佐久長聖)全国男子駅伝4区で快走!

この記事は1分で読めます

2017全国男子駅伝が広島で行われていますが、その4区で長野の本間敬大選手が快走!力強い走りで、1位につきました。

本間敬大の高校は?

元々、長野はこの4区の本間選手と5区の選手に期待がかかっており、この二人で何とか先頭に立つことができればというプランがあったようですが、本間敬大選手が4位で安定した快走を見せあっという間に1位になりました。

本間敬大選手は、佐久長聖高校の2年生。その後の名取選手もラストスパートが強い選手なのですが、本間敬大選手も、どんどん前に追いついていき、最後までまったくそのスピードを落とすことなく名取選手にタスキを渡しました。

2016年12月に行われた都大路の高校駅伝では、本間敬大選手は区間十二位と、本人にとってもかなり不本意な結果となりましたが、今回のこの全国駅伝で、自信を取り戻すことができたのではないでしょうか。

まだまだ伸びしろのある選手のように見えますので、今後の活躍が楽しみですね。


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. cindydangerjones / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。