秋山清仁(日体大)箱根駅伝2017山下りの神!区間新!

この記事は2分で読めます

箱根駅伝2017の山下りが始まりました。1位の青山学院大学小野田選手がスタートした後、33秒後に早稲田大学が出発したのですが、実はこの山下りで注目の選手が日体大の秋山清仁選手。去年の箱根駅伝でも、青山学院大学小野田選手が1年生ながら素晴らしい走りを見せたのですが、その小野田選手に上回る好走を見せたのがこの日体大の秋山清仁選手でした。


スポンサードリンク





日体大の秋山清仁選手とは

去年は、クルクル坊主頭でかわいらしかった秋山清仁選手。その存在は全く知らなかったのですが、蓋を開けてみれば、青山学院大学小野田選手を上回る区間賞!

本人も自分の記録にびっくりしていて、走り終わった後に区間賞と聞いた途端、「ほんと?マジ?」と嬉しさ爆発。また山下りのスペシャリストとされる千葉選手の記録を超えたということで、その喜ぶ姿は本当に微笑ましいものでした。

でも、この秋山清仁選手1年生のときから6区を走っているのですね。そのときにも区間4位であり、安定した山下りでの成績を出していますね。

去年の箱根駅伝を走った後も「山下り大好き!」とニコニコと語った姿がとても印象的です。


スポンサードリンク





秋山清仁選手箱根駅伝2017山下りで区間賞なるか

現在、青山学院大学の小野田選手も、とてもいいペースで走っていますが。小涌園通過タイムでは、この小野田選手を上回るタイムで秋山清仁選手が好走を見せています。去年の自分の記録を上回る可能性もでてきました!現在、去年と同じ5人抜きとなっています。

秋山清仁選手、最後に駒沢大学の選手を抜かし、なんと山下りで6人抜きとなりました!去年も区間賞を取る走りを見せながらも、足の裏にはマメ一つできなかったという、真の山下りのスペシャリストと言えると思います!

最終的に58分02秒で6区を走り終え、去年の自分を超える区間新記録となりました!その後ろを走っていた法政大学1年生の佐藤選手も素晴らしい走りを見せたのですが、経験の差で秋山清仁選手が勝利したようです!おめでとうございます!


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 記者会見での大坂なおみ選手
  2. jarmoluk / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。