貞永隆佑(青学)箱根駅伝2017 5区!出身高校や成績をチェック!

この記事は2分で読めます

青山学院大学は、去年「山登り」と言われる5区で、神野大地が素晴らしい走りを見せたのですが、今年は出雲駅伝、全日本駅伝いずれも走っていない貞永隆佑が選出されました。
この貞永隆佑選手はどんな選手なのか調べてみました。


スポンサードリンク





貞永隆佑選手の出身高校は?

貞永隆佑選手は、広島県の世羅高校出身です。やはり世羅高校と聞くと、さすがにしっかりとした走力であると思われます。

山登りを担当するということは、アップダウンに強い選手なのでしょうか。

今回の箱根駅伝2017は、やはりあまり名前が知られていない梶谷選手が1区で素晴らしい走りをみせたのですが、2区では一色選手が、ブレーキではないけれど、神奈川大学の鈴木健吾選手にやられた形となりました。

その後、秋山選手の好走で、神奈川大学に追いつくという、今日の青山学院大学自体が、かなりアップダウンの激しい結果となっておりますが、

貞永隆佑選手がどこまで冷静に走ることができるかに注目が集まりそうですね。


スポンサードリンク





貞永隆佑選手の箱根駅伝2017での走りは?

現在、箱根駅伝2017は3区を走っているところであるため、貞永隆佑選手の状態はわかりません。
ただ、1区の梶谷選手の好走、3区秋山さん選手の快走を考えると、原監督としては、かなり悩んで選出した選手が、期待どおりの走りを見せてくれているということは、貞永隆佑選手にも期待できますね。

こうしてみると、青山学院大学の層の厚さを感じられますね。

青山学院大学は、山登り担当者は、他の選手とは別のメニューが用意されているとのことで、この貞永隆佑選手も夏からそのメニューに取り組み、きちんと身体を仕上げてきたようです。

現在の入りは、原監督が予測している走りを若干上回っているようで、このままいけば青山学院大学の往路優勝は見えてきますね!

8.9キロ付近を走ったところで、2位との差が1分50秒ぐらいとなりました。タスキをもらったときには1分20秒ぐらいだったので、この8キロの間に差を広げたこととなります。

また去年の山の神、神野大地さんから、「とにかく粘れ。粘って走っているうちにゴールになるから、とにかく5区は粘るしかない」というアドバイスをもらったそうです。

貞永隆佑選手自身は、早稲田の安井選手などに対して恐怖を感じているようですが、こうした先輩からのアドバイスは、心強いですよね。

10キロを通過した時点で、貞永隆佑選手はこの5区の3位に相当するスピードで走っているようです。1位は東洋大学のルーキー舘澤選手です!

あと半分のところまで来ましたね。なんとかここからも粘って、往路優勝を果たしてもらいたいですね。


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. geralt / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。