戸田雅稀ニューイヤー駅伝2017区間賞!東京農大時代は箱根駅伝にでれず

この記事は1分で読めます

戸田雅稀選手、東京農業大学時代は、同期の神野大地選手、服部勇馬選手が箱根駅伝で好走し、人気を博すなか、東京農大時代3年生、4年生のときは、箱根駅伝に出場することなく悔しい思いをしていましたが、社会人になってから1500メートルで優勝することで自信をつけ、神野大地選手や服部勇馬選手に絶対負けないと強い気持ちで練習に挑んでいました。


スポンサードリンク





戸田雅稀ニューイヤー駅伝2017区間賞!

去年までは、箱根駅伝に出走することができず、とても悔しい思いをしたと思われる戸田雅稀選手。やはり同期の神野大地選手、服部勇馬選手に絶対負けないと強い意志を持って練習してきたことが効をそうして、いよいよニューイヤー駅伝で、区間賞を取ることができました。

戸田雅稀選手は、走った1区は、地元中の地元であり、実家もこの地区にあるそうです。

ニューイヤー駅伝では、ずっと先頭集団についていた戸田雅稀選手。解説の増田明美選手や、宗茂さんも、戸田雅稀選手は、力を備えていて、前の様子を伺っているのではないかと話していましたが、そのとおりの結果になりました。

残りわずかなところで、先頭集団から飛び出したのが戸田雅稀選手であり、そのままタスキを渡して見事区間賞を取ることができました!

おめでとうございます。


スポンサードリンク





戸田雅稀選手の今後について

戸田雅稀選手は、今回のニューイヤー駅伝2017で区間賞を取るという好結果を残したというとは、今後、距離の長い競技にも挑戦する可能性は十分あると思いますが、

現在のところは、戸田雅稀選手自身、5000メートルでの東京オリンピック出場を狙っているそうです。

戸田雅稀選手は、5000メートルぐらいの距離でスピード勝負を大きな武器にしたいと考えているようです。


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. LoveToTakePhotos / Pixabay
  2. cindydangerjones / Pixabay
  3. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s
  4. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。