べっぴんさん紀夫ヘタレなの?11週65話ネタバレ

この記事は3分で読めます

洋裁学校の説明会で初めての司会業で倒れてしまった紀夫さん。その後、ネットでもヘタレ説が出ていますが、昨日の放送では、大急での出店準備に時間を忘れて対応したばかりに、大急から出ることができず朝帰りしてしまったのですが、そのすみれに対して、ビンタをくらわした紀夫さん。
その後、気まずい雰囲気のまま、大急での初日を迎えました。


スポンサードリンク





大急の初日は大人気で終え、ヨダレかけが意外な売上げを伸ばしたことで、ヨダレかけの増産が必要となりました。

また、「日報は質問や疑問を毎日書く。」など、今後のあり方について相談しているすみれ達なのですが、そんな話をしている間、紀夫さんは時間を気にして苛立ってきます。

「夢中になって時間を忘れるのは、悪い癖だ」と言われ、紀夫さんの顔色をうかがうすみれ。

そう、時間を忘れて仕事に没頭したために、大急から出ることができず、朝帰りしたすみれをビンタしたときのことをどうしても思い出してしまうのですよね。

紀夫さんは、その時間を忘れて仕事に没頭するすみれのことは、どうしても許せないようですね。

もちろん、まだ幼いさくらちゃんがいるので、当たり前ではあるのですが・・・。


スポンサードリンク





紀夫さんやさくらちゃんが寝た後にも、日報を書くすみれ。

次の朝、保育園に行く前に靴を履こうとしたさくら。靴が小さくなっていたようですが、そのことをすみれに伝えることができずにいます。

すみれは、会社に向かう途中でふらつきを覚えますが、そのまま仕事を続けます。

もうきっと寝不足でふらふらですよね。途中で少しでも仮眠を取ることが出来れば、かなり楽になると思うのですが、この時代は、こうした仮眠を取ることなんてできませんでしたよね。

ついには、大急で姉のゆりと話しているときに倒れてしまうすみれ。医者からは3日間は安静にするようにとの指示がでます。

大急では、すみれの代わりに明美が行き、今後クリスマスの時期に入るので、商品を増やして欲しいという依頼を受けました。

紀夫さんについては、すみれが倒れたとの連絡がいき、さくらのお迎えは紀夫さんがすることに。その後、紀夫さんとさくらが帰宅し、そこに潔さんもお見舞いに来て、5人でごはんを食べました。

その時間は穏やかに過ぎたのですが、その後、ゆりと潔さんが帰宅すると、なんとなく気まずい雰囲気のまま、すみれと紀夫も言葉をかわすことなく、さくらはふとんの中で横になっているすみれの横でお絵かきを始め、3人の時間が過ぎていきます。

ゆりと潔さんは、その後板東営業部に戻るのですが、妊娠したことを潔さんに伝えることができずにいるゆりさん。

なぜ伝えることができないのでしょうかねー。やはりゆりさんの中には、潔さんが仕事をしている自分が好きなんじゃないか、仕事をしていない自分はダメなのではという自信のなさがためらいとなっているのでしょうかね。

<第11週65話ここまで>


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 育ての親道子さんのお別れの会での孝太郎/進次郎兄弟(出典:フライデー)
  2. Concord90 / Pixabay
  3. valiunic / Pixabay
  4. jill111 / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。