成宮寛貴フライデー直撃時のパーキンの値段は?

この記事は3分で読めます

jackmac34 / Pixabay

週刊誌フライデーが2週連続、成宮寛貴さんの薬物疑惑に関する記事を写真付きで掲載していますが、特に12月2日に発売されたフライデーでは、フライデー記者直撃時に成宮寛貴さんが所有しているパーキンについても注目が集まっているので、気になる値段なども調べてみました。


スポンサードリンク





成宮寛貴さんフライデー直撃時のパーキン

フライデー記者が成宮寛貴さんに直撃取材したときの写真がネット上で拡散されていますが、その時の成宮寛貴さんのスタイルは、黒いコートにスカーフをかけ、その左手にはエルメスのパーキンが持たれていました。

成宮寛貴さんといえば、大のエルメス好きで有名だったそうですが、その写真により、このエルメスのパーキンを愛用していたことがクローズアップされ、薬物疑惑云々より、こちらに目がいってしまう人も多かったようです。


スポンサードリンク





エルメスのパーキンの値段は?

そこで、このエルメスのパーキンの値段について調べてみました。

このバッグは、25センチサイズのパーキンであり、値段は100万円~200万円をくだらないそうです。実はこのサイズのパーキンを持つ人はかなり貴重な存在であり、通常は30センチや35センチのものを持つ人が多いそうです。

割と小さめのバックを持つ人って、おしゃれに気を遣っている人だなという印象がありますよね。

私は、持ち物が多い人間なので、25センチのバックに入るものなんて限られてしまうので、このサイズのバッグを持つことはまずありません。

成宮寛貴さんは、手回りものをちょっと入れていたという感じなのでしょうかね。


スポンサードリンク





まとめ

こうして、個人のこだわり、お気に入りのバッグについて注目を浴びるのは、本来は芸能人にとってとても喜ばしいことなのかもしれませんが、今回、電撃引退を発表した成宮寛貴さんにしてみれば、こうしたファッションチェックのようなことも、もう我慢ならない状態まで来ていたのかもしれませんね。

それは、「今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。」という言葉にも表されているような気がします。

ただ、持ち物に関しては、個人の自由であり、また男性だからこそ、こうしたパーキンを持つというのが一種のおしゃれであり、ステータスとなっていく可能性があるので、このスタイルは芸能界を引退された後も持ち続けていただきたいと思います。

今回のような薬物疑惑が出てしまうと、これだけ有名な方なので今後の人生に大きな影響を及ぼす可能性はありますが、ただ芸能界がすべてではありませんので、これまでの愚直な成宮寛貴さんであれば、必ずまたその世界で輝くことができると信じています。

どうぞ周りの方々からの支えを今は存分に受けて、また素晴らしい人生を築いていただきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. padrinan / Pixabay
  2. 三浦皇成騎手落馬
  3. Pexels / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。