箱根駅伝2017エントリー青山学院大学メンバーは?サンキュー大作戦成功するか?

この記事は3分で読めます

いよいよ箱根駅伝2017に関する情報が出てきましたね!早速私一押しの青山学院大学のエントリーメンバーを見ていきたいと思います。青山学院大学のメンバーは、どのメンバーを見ても、とてもいい姿勢で走るのがとても印象的ですね。それだけに大きなブレーキも少なく、今年の駅伝を勝ち抜いてきているのでしょうか。


スポンサードリンク





箱根駅伝2017エントリー青山学院大学メンバー

安藤 悠哉
秋山 雄飛
池田 生成
一色 恭志
村井 駿
茂木 亮太
貞永 隆佑
下田 裕太
田村 和希
中村 祐紀
吉永 竜聖
小野田 勇次
梶谷 瑠哉
林 奎介
森田 歩希
鈴木 塁人


スポンサードリンク





気になる区間エントリーは?

こちらはまだ後日発表される予定なので、わかっていませんが、
安藤悠哉選手、一色恭志選手、下田裕太選手、田村和希選手、森田歩希選手、鈴木塁人選手あたりは、出雲駅伝や全日本大学駅伝でとても良い状態で走っている姿を見せてくれ、その後の競技会でも、ぐいぐい記録を伸ばしてきているので、仕上がり具合も順調といったところでしょうか。

鈴木塁人(すずきたかと)選手は、以前から5区で走ることを希望していましたが、原監督はどう判断するのでしょうか。原監督的には1区を押しているのでしょうか?

安定感バッチリの一色 恭志選手は、花の2区であると予想されます。そろそろ本人も望んでいるであろう区間賞を手にしてもらいたいものですね。

そして、またあの涙、期待しています(出雲駅伝のインタビューのときに号泣していました)。

3年生の森田歩希(もりたほまれ)選手も全日本駅伝では、本当に素晴らしい走りを見せてくれましたよね。区間賞&MVPを獲得し、本人も納得のいく走りだったのではないでしょうか。

田村和希選手も、暑さに弱いことが心配されながらも、全日本大学駅伝では、もうへばってきているのかなと心配し始めた直後、最後にラストスパートをしかけるなど、これまでとは違った田村和希選手を見せてくれ、本人も自信になったのではないでしょうか。

箱根駅伝では気負いすぎずに走ってくれることを期待したいと思います。

下田裕太選手は、東京マラソンで、日本人学生1位になったほどの実力者。このとき、一色選手は2位だったので、その一色選手を上回る素晴らしい成績を出しています。
全日本大学駅伝で、ご自身としては、不本意な走りとなってしまったと思うので、箱根駅伝での挽回を期待したいところです。

安藤悠哉選手は、夏の合宿前までは怪我の影響で思うように練習ができず、キャプテンとしてももどかしい部分があったかと思いますが、出雲駅伝で見事な走りを見せてくれましたね。

残念ながら全日本大学駅伝では、その力が発揮できず、ご本人もインタビュー時にかなりがっかりしている様子ではありましたが、きっとその悔しさをバネにまた箱根駅伝で、大学生活最後となる素晴らしい走りを見せてくれると思います。

安藤選手については、大学卒業後陸上競技を引退することを決めているそうなので、これが正真正銘最後の走りとなるのでしょうか。

とても、優しい選手とのことなので、なんとかここで一花咲かせて欲しいと期待しています!!!


スポンサードリンク





サンキュー大作戦成功するか?

青山学院大学の原晋監督は、今回の箱根駅伝は「サンキュー大作戦」と名付けて、三冠を狙うそうです。

また、「戦力が落ちるんじゃないか?」とこれまで言われて来た青学メンバーですが、これまでの出雲駅伝、全日本大学駅伝でも、選手層が厚く、チーム全体で勝利を手にしているように思われたのですが、

原監督曰く、さまざまなノウハウがあり、これまで入部したほぼ全て選手が、自己記録を更新しているそうです。ということは、有名な、目立つ選手ばかりでなく、すべての選手に効果的な練習法が取り入れられているということは、本当にすごいことですよね。

注目の箱根駅伝!青学の応援についつい力が入ってしまいます!

コチラの記事も読まれています↓
鈴木塁人(青学)選手の出身中学、高校をチェック!中学時代は野球部だった!

田村和希(青学)全日本大学駅伝2016区間賞なるか?暑さに弱いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. geralt / Pixabay
  2. 770ed7eb4daf06a2299bebb286e8a2f4_s
  3. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。