高野智声クイーンズ駅伝でアクシデント!足の怪我は大丈夫か?

この記事は3分で読めます

SAM7682 / Pixabay

11月27日に行われたクイーンズ駅伝で、ユタカ技研の高野智声選手が序盤からまさかの大ブレーキ。高野智声選手に何が起ったのか、足の怪我は大丈夫なのか?レースの模様を振り返ってみたいと思います。

Sponsored Links





ユタカ技研の第1区

10月に行われたプリンセス駅伝で、福士加代子選手と共にスパートをかけ、最終的には福士加代子選手を抜かして、先頭に食らいついていったことで注目を浴びた高野智声選手。

11月27日のクイーンズ駅伝で第1区で出場とのことで、またまた素晴らしい走りを見せてほしいと思っていたのですが、

まさかの序盤から遅れ始めた高野智声選手。

途中で解説の増田明美さんは、もし怪我をしているのであれば、前もってメンバー交代をしていただろうから、アップの最中か、走り始めた直後に何かのアクシデントが起った可能性があるとのことでした。

さすがに駅伝の中継なので、ずっと高野智声選手の姿を捉えるわけにはいかなかったので、すべての様子はわからないのですが、とにかく明らかに足に異変が起きている様子で、それでも走るのをやめず、少しでも歩を前に進めようと頑張っている姿は、今思い出しても泣けてきます。

そして、ほとんどのタスキが2区の選手に渡ったあと、なんとか時間内に第2走者にタスキを渡すことができたのですが、

その最後の走りは、今にも泣き出しそうな顔で、でもとにかく、前へ前へと根性で進んでいたように思えました。

タスキを渡した後は、もちろん歩くことはできず、その場に座り込んでしまいましたね。

Sponsored Links





足の故障の原因は?

駅伝の情報の辛いところは、なかなかこの原因が何だったかわからないことなんですよね。明日の朝になれば、少しはわかるのでしょうか。

いずれにしても、高野智声選手自身も、自分の足がどうなっているのかわからない状態で走り続けたのではないのでしょうか。

でも、実際にこれは、よく頑張ったという美談にしてはいけない気もします。

結局、ここを走りきったことで、その根性はもちろん素晴らしいことではありますが、例えば、監督などから本当に身の危険、つまり今後走れなく可能性もあるほどの怪我であれば、やはり外から声をかけて強引にでも泊める権利が必要だと思うんですよね。

例えば、脱水症状を起こしたときもそうですが、脱水症状なんて本当に命の危険にさらされているわけですから、より一層深刻ですよね。

また、今年からプリンセス駅伝とクイーン駅伝との間の期間を短くしたとのことですが(気温の低下などを考えて)、こうした期間を短くすることによって、選手の身体への負担が大きくなるのであれば、これもまた問題ですよね。

Sponsored Links





まとめ

駅伝は、素晴らしい競技なのですが、こうした怪我などが発生すると途端に過酷な競技となりますね。

高野智声選手は、まだ若い選手なので、今後のことがとても心配になります。もちろん、大きな怪我に繋がらなければいいのですが、恐らく怪我そのものもそうですが、心も痛いのではないでしょうか。

ユタカ技研も力のある選手が揃っているので、ぜひ今回の高野智声選手の最後の最後までの頑張りに奮起して、ぜひ来年この場で、「去年は大変だったよねー」と笑って語れるようになっていただきたいと思います。

高野智声選手の今後のご活躍も心よりお祈りしています!!!!

クイーンズ駅伝2016関連記事はコチラ↓
島田美穗(豊田自動織機)クイーンズ駅伝快走だが、タスキ渡しミスで失格?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. padrinan / Pixabay
  2. Hans / Pixabay
  3. SAM7682 / Pixabay
  4. marcisim / Pixabay
  5. jackmac34 / Pixabay
    • M78
    • 2016年 11月28日

    テレビで見ていたが、3号車が残り2キロ付近で映っていた映像には彼女は明らかにけいれんを起こしていた。
    けいれん起こした状態でレースは危険すぎる。よく走り切ったといいたいが、監督は棄権させるべきだった。

      • Syunwada
      • 2016年 11月28日

      M78様
      このたびは、コメントをいただき、誠にありがとうございます。
      痙攣または怪我を起こした状態でのレースが危険すぎる点について全く同感です。

      駅伝について、一視聴者であり、それほど詳しくはないのですが、監督が車を降りて選手が走るのを辞めさせたこともありましたよね(かなり前の箱根駅伝の話ですが)。

      選手の身体を最優先にしていただくことを心より希望します。

    • 門田洋介
    • 2017年 2月20日

    ほんとに棄権させてほしかつたです。2か月以上たつてもまだ出てきません。高野さんが日本陸上の希望の星です。早く出てきてほしいです。。

      • Syunwada
      • 2017年 2月23日

      門田さま

      いつも有益なコメントをありがとうございます。
      高野さんについては、その後の情報は不明なままですが、
      いずれにしても、実際に競技生活は一生のなかで
      わずかの期間ですので(例え40歳まで現役選手だったとしても)、
      今回の経験を活かして、選手として有り続けたとしても、
      その後上手くキャリアチェンジをすることで、高野さんにとって、
      素晴らしい人生にしていただきたいと思います。

    • 門田洋介
    • 2017年 2月23日

    感謝してます。考えてもらいうれしいです。似た例にダイハツの前田彩里さんのことがあります。彼女はもう1年半くらい出てきません。世界選手権でい痛めたらしいです。年が6うえで会社がダイハツなだけです。違うのは。社風が違うのとやはり年が若いからですかね。なんにしても早く治して出てきてほしいです。期待してます。

    • 門田洋介
    • 2017年 3月31日

    高野ちなさんは4月から岩谷産業でやります。大阪のみのう市です。安心しました。

    • 門田洋介
    • 2017年 4月2日

    高野ちなちゃんが出てきてくれてほんとにうれしいです。早く調子を出してまずは5千で15分を切つてほしいです。

      • Syunwada
      • 2017年 4月2日

      門田さま
      いつも有益な情報をいただき、誠にありがとうございます。
      情報をいただいたときに、こちらで調査もするのですが、
      まだ表に出ていない情報も多く、こちらで裏付けすることができずにいます。
      差し支えなければ、門田さまからいただいた情報に基づいて、
      記事を作成させていただきますが、情報の出典をご教示いただけますでしょうか?
      出典元については、「承認」をしないことによって、
      表に出ないようにすることができますので、ご検討いただければ幸いです。
      よろしくお願い致します。

      • Syunwada
      • 2017年 4月2日

      門田さま
      先ほどコメントを書かせていただきましたが、
      門田さまから情報をいただき、すぐに検索したときには、
      まだイワタニの陸上部のサイトも整備されていませんでしたが、
      現在確認したところ、陸上部に高野さんの名前が出ていましたね。

      野口さんの指導の元での成長、本当に楽しみです。

    • 門田洋介
    • 2017年 4月2日

    はりくぶさんから聞きました。彼はこのサイトになんかもつてます。通ならはりくぶさんのことは分かります。岩谷産業で引いてもはりくぶさんのことが出てくるはずです。将来的には京セラの藤本さんとこの高野さんです。

      • Syunwada
      • 2017年 4月2日

      なるほど。わかりました。
      今は、「はりくぶ」さんにも記述されていますね。そのときには、出てこなかったので。情報ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。