槇原敬之世界に一つだけの花「スマップさんの歌」

この記事は2分で読めます

STA82 / Pixabay

NHKの明石家紅白に槇原敬之が出演し、世界に一つだけの花を熱唱しました。そのときに、これは、「スマップさんの歌」なので、自分は借り物的なものでしかないと発言していました。


スポンサードリンク





NHKの明石家紅白の中で明石家さんまが、

「世界に一つだけの花」は槇原さんの歌になってしまうんですよね、と槇原敬之さんに言ったのですが、それをさくっと否定した槇原さん。

「これは、スマップがいてこそできた曲なので、自分が歌っていても、スマップさんの曲を歌っている感じ、借り物のような感じがします」と言っていました。

スマップ自体は、今年の年末に解散することが決まっており、紅白へも出場をしないことも公表されていますが、槇原敬之さんは、以前からこの「世界に一つだけの花」が歌い続けると言っていました。

槇原さん、とても素敵な方ですね。

槇原敬之がスマップに「世界に一つだけの花」を作ったときも、この歌はスマップにしか歌えないという気持ちをこめて、作ったそうです。

ご自身で作った曲ではあるけれど、楽曲提供するときには、もうその曲は相手のものだと、魂を込めて提供しているようですね。

もちろん、槇原敬之自身が歌ってもとっても素敵な曲なんですが、ご本人の中では、スマップの代表曲だと思って歌い続けるそうです。


スポンサードリンク





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Edwin01 / Pixabay
  2. 黄色い招き猫(出典「kokoro」)
  3. artemtation / Pixabay
  4. ulleo / Pixabay
  5. bull1961 / Pixabay
  6. blickpixel / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。