毛細血管増やす食べ物はシナモン?効能に量は関係あるの?

この記事は3分で読めます

condesign / Pixabay

今年何かと話題の「毛細血管」。テレビの番組でも「ゲンキの時間」や「ガッテン」「主治医が見つかる診療所」などで特集されていますし、アンチエイジング(頭皮や顔)的にも効果あるとのことなので、毛細血管を増やす食べ物は?シナモン効能に量は関係あるの?といった疑問点について調べてみることにしました。


スポンサードリンク





毛細血管増やす食べ物は?

これね、毛細血管が弱っている例として、「少し急いで歩くと胸が痛む」ってあるんですがね、残念ながら、私、これに相当しますわー。

しびれとかはないんですけどね、ちょっと早歩きすると、すぐ息があがるし。

なんといっても昨今危険と騒がれている「長時間座って仕事をしている人」なんもんで、かなり危険な状態になっていると思われます。

そこで、まずは食事かな、とどんな食べ物がいいのかを調べてみました。
結局のところ、塩分とカロリーの取り過ぎに気をつけなければいけないとのことなので、最終的にはダイエットにも繋がるのですね。

つまり、最初に「食べ過ぎ」予防と同じで、野菜やきのこ、海藻中心のものをたんまりたべるそうです。とにかくその前菜系を食べきってから、その後にごはんを食べるといいそうです。

前菜を食べて、ごはんを食べて・・・と交互に食べるのではなく、前菜オンリーでガッツリ食べて、それからごはんだそうです。

こうすることで、食物繊維が余分な塩分やコレステロールの吸収をブロックしてくれるそうです。

これは、コンビニ食ばかりの方でも、最近、かなーり野菜コーナーが充実しているコンビニなので、手軽にできますよね。

私も今日のごはんは・・・・、あ、野菜足りないです・・・。もう買い物は終わったので、明日からちゃんと・・・(←一番危険なパターン)


スポンサードリンク





シナモン効能に量は関係あるの?

毛細血管を増やすのに効能があるとされているのは、「シナモン」ですね。ガッテンで特集されたのでしょうか。

シナモンを食べるだけで、毛細血管の修復や炎症を抑制してくれるという説もあり、では、1日にどのぐらいシナモンを取ればいいんでしょうかね。

シナモンといえば、お菓子やパンなどに少量入っている気がしますが、そんなんばっかり摂取していたら、残念ながらアンチエイジングには遠くなるような・・・。

トーストにパラリとかけたり、シナモン珈琲なんていうのも良いのかもしれませんね。あとはヨーグルトにふりかけたりなんかも良いのかもしれません。

実際に摂取する量はそれほど多くなくてもいいそうなのですが、このシナモンを食べた後2~3時間で血管が改善されていくそうですよ。

え?そんなに早く効果が出るの?これは摂取しない手はありませんね。

毛細血管を増やす運動は?

なんとなく運動というと、やっぱりスローでもいいからジョギングかなと思ってしまいますが、

実は私のように、長期にわたり運動をしていない人がいきなりジョギングするのはかなーりの危険を伴うようです。

つまり毛細血管が切れてしまうのでしょうかね。これはかなり怖いですよ。

ということで、ウォーキングももちろんいいようですが一番簡単なのが、凝り固まった筋肉を伸ばしてあげることだそうで、

よく小学校の体育の時間にやっていた「ふくろはぎを伸ばす」「太ももを伸ばす」「後ろ太ももを伸ばす」などがいいようですね。

スキップなども良いとのことなので、これなら家事の合い間にも簡単にできますよね。

私は、早速今日からやってみたいと思います!これは食事改善より簡単ですね。

寝っ転がって、両足を自分の胸に引き寄せる運動もいいようですよ。これだったら寝る前、ふとんに入った後にちょっとできたりしますよね。

こうしたちょっとした運動でも続けることで効果が現れてくるのでしょうね。


スポンサードリンク





まとめ

実際には、主食を摂る前にしっかり野菜や海藻などを摂ること、簡単な運動(ストレッチ)を取り入れることでずいぶん改善できるようですね。

本当にちょっとしたことをやるかやらないかで、アンチエイジング的には全然効果が違うようなので、すっかりやり続けることが大事かな。

突然ジョギングなどを始めなくてもいい・・・というのもちょっと心の支えになりますね。

まずは、寝る前に両足を自分の旨に引き寄せる運動から始めたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. mmmCCC / Pixabay
  2. pcdazero / Pixabay
  3. sasint / Pixabay
  4. DeltaWorks / Pixabay
  5. ASSY / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。