高見沢安珠(松山大学)の出身中学や高校をチェック!

この記事は2分で読めます

geralt / Pixabay

高見沢安珠選手は、高校時代無名の選手だったそうです。2015年の日本選手権女子3000メートル障害はジュニア日本新記録で優勝した高見沢安珠選手。全日本女子駅伝で6区にエントリーされたことから、その出身中学や高校を調べてみました!


スポンサードリンク





高見沢安珠選手のプロフィール

紀宝町立矢渕中学校出身の高見沢安珠選手、中学のときには陸上部に所属していましたが、ちょうど思春期の反抗期と陸上部の顧問が転任したことから、陸上から遠ざかったそうです。

その後、三重県立津商業高等学校の顧問の進めにより、陸上の世界に戻ったそうです。

そのときにも、400メートルや800メートルなど、さまざまな競技種目で、色々な記録を確立しているようです。

その後、松山大学の監督に声をかけられたことから、松山大学に進学し、駅伝部の所属となっているようです。

そのときには、3000メートル障害に種目を変えたそうなんですが、最終的にこの種目でも結果を出し、リオデジャネイロオリンピックへの出場権もゲットしたそうです。


スポンサードリンク





高見沢安珠選手のリオデジャネイロオリンピックの結果は?

高見沢安珠選手は、残念ながらリオデジャネイロオリンピックでは、予選を突破できず仕舞いとなってしまいましたが、

このときに、高見沢安珠選手が憧れていた選手野口みずき(アテネ五輪女子マラソン金メダル)さんに会うことができ、

その野口みずきさんに、「努力は裏切らないよ。4年後もあるから頑張って」と声をかけられたことが、現在の原動力となっているようです。


スポンサードリンク





まとめ

このどんどん種目を変えるというのは、陸上ではよくあることなのでしょうかね。

こうした種目を変えたとはいえ、その変えた先で、どんどん記録を出していくということは、やはり高見沢安珠選手は器用なのでしょうか。

また、リオオリンピックでは、現在より5キロも重かったそうで(体重)、この駅伝を目標にしてキッチリ体重のコントロールもしてきたそうです。

ちなみにこの松山大学は9年前の創部時には、部員が2名だったそうですよ。そこからコツコツと頑張ってきた大西監督のスカウトで松山大学に入学した無名の選手が、こうして全日本駅伝という夢の舞台で大きな力を魅せてくれるのは、大西監督にとっても感無量なのではないのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. songcph / Pixabay
  2. geralt / Pixabay
  3. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s
  4. tenisenelatlantico / Pixabay
  5. fb846d547cb05dbdd7ea9ea494d16883_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。