福原愛 石川佳純と不仲リオ五輪で解消していた!

この記事は4分で読めます

勝利に泣く福原愛選手と笑顔で見守る石川佳純選手

勝利に泣く福原愛選手と笑顔で見守る石川佳純選手

福原愛選手卒いる石川佳純選手&伊藤美誠選手の3名で挑んだ卓球女子団体。途中石川選手が福原愛選手に「アドバイス」を送ったとされ、退場になる・・・というアクシデントを乗り越えて、銅メダルを獲得しました。その中で、長く不仲と言われていた福原愛選手と石川佳純選手も、今回は力を合わせて、今回のメダル獲得に全力を尽くしたものと思われます。


スポンサードリンク





この二人は昔から不仲だったの?

福原愛選手より4つ年下の石川佳純選手。もともとは福原愛ちゃんにあこがれて卓球を始めたこともあって、最初の頃は、合宿先でお互いの部屋を行き来したり、技術的アドバイスを石川選手にしたり、買い物にも一緒に出かけたりと、周りからは「姉妹みたい」との声も上がっていました。

そんな仲良しの二人が不仲と言われるようになったのは?

これは、とても単純なきっかけのようです。

石川選手が2010年1月の全日本卓球選手権の女子シングルス準決勝で4対1で福原愛選手を破ったことがきっかけに悪化していったのです。

石川選手が福原愛ちゃんを意識しすぎて、試合後に口をきかなくなったりしたそうで、その後は視線を合わせようともしなかったそうです。

なかなかの攻撃的な姿勢を見せる石川選手に、福原選手もお付き合いする気力はなくなったんでしょうね。

ロンドン五輪の後の生中継で、福原選手は、石川選手のことを無視するかのように「(平野)早矢香ちゃんと一緒にメダルが獲れてホントによかったと思います」と笑顔で語ったのですが、

その時点で、石川選手の表情は固まってしまい、不機嫌そうな態度を隠せなかったようです。出演者している周りの人達も何とか取り繕おうとしても、どうにもなるものでもなく、結局は笑ってごまかすしかなかったようです。


スポンサードリンク





仲直りしたきっかけは?

これは簡単なようで実は難しかったりもするのですが、福原愛選手が「お姉さん」として一歩引くことで、関係が徐々に改善したようです。まぁ妹分である石川選手の我が儘は許すことにしたのでしょうかねー。

リオ五輪でも、石川選手が初戦で敗退した対戦相手と福原愛選手は、3位決定戦で対戦しましたが、その時も福原選手は「石川選手の傷をえぐるようなことはしたくない」と判断して、石川選手にその選手のことを色々聞くことはしなかったようです。

リオ五輪では二人の仲は?

すっかり仲の良さを取り戻した二人。石川選手は応援に熱が入りすぎてか、審判に「アドバイスを送っている」と判断されて、まさかの退場処分になってしまいましたね。

ただ、その後も石川選手は遠くから声援を送っていました。

退場処分後遠くから声援を送る石川選手1

退場処分後遠くから声援を送る石川選手1

退場処分後遠くから声援を送る石川選手2

退場処分後遠くから声援を送る石川選手2

退場処分後遠くから声援を送る石川選手3

退場処分後遠くから声援を送る石川選手3

上着を脱いで応援を続ける石川選手

上着を脱いで応援を続ける石川選手

銅メダルが決定したときには、下の写真のように、もはやどちらがお姉さんかわからない状態になるほど、石川選手が号泣する福原選手を抱きかかえていますね。

勝利の瞬間泣き出す福原愛選手

勝利の瞬間泣き出す福原愛選手

泣く福原選手を優しい笑顔で迎える石川選手

泣く福原選手を優しい笑顔で迎える石川選手

ニッコニコの石川佳純選手

ニッコニコの石川佳純選手


スポンサードリンク





まとめ

 スポーツマン精神にのっとり・・・など、爽やかなイメージが先行するスポーツ界ですが、やはり勝負がかかっているので、実は人間くささが一番出てしまうものではないかと思っています。

この二人の不仲にしても、今まで憧れの遠い選手だった人に勝つことで、それまでの色々な思いがゼロになってしまうほど失礼な態度を相手に取ってしまう。

それが長く続くことで、修復不能な関係になってしまうこともスポーツ界に限らず、よくあることだと思います。

この二人については福原愛ちゃんがお姉さんとして一歩引いたとのことですが、石川選手自身も自分の心の中で変化があったのではないでしょうか。伊藤美誠選手という後輩が育つことによって、福原選手の気持ちを理解できるようになったと考えられます。

いやー、仲直りしての大きな勝利!二人にとっては宝物になりそうですね。応援する側としても、とても嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. cindydangerjones / Pixabay
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。